« 蒸気機関車を撮る | トップページ | IBMのサポートに電話する »

安達太良山山開きに参加する

IMG_4881 IMG_4876  安達太良山地図)の山開きにあわせて登ってきました。山開きは毎年5月の第3日曜日に行われるようで、今年は5月15日(日)の開催となりました。安達太良山は登山ルートが多くあるため、安全祈願祭などのイベントは午前11時より山頂で開催されたようですが、開始時刻まで待たずに下山ルートを戻りました。

 あいにくの曇り空で、現地に向かう高速の途中で雨が降り始め、さらに塩沢温泉の直前で濃いガスにおおわれたため、厳しい山行になることは覚悟していたのですが、登山口に着くと意外に視界が開けていました。

 塩沢温泉からの登山道は渓谷沿いにくろがね小屋まで進み、そこから峰の辻を横切り山頂直下に向かうルートです。参加者のほとんどはあだたら高原スキー場から登るので、こちらのコースからの登山者は多くありません。登山口で、主催者からお茶・サファリパークのタオル・記念のペナント・塩沢温泉の無料入浴券をもらい、登山道に向かいました。

 途中、数カ所の渡渉地点があるのですが、残雪のためわかりづらい場所があり、間違えてそのまま渡渉せずに進んでしまいました。この地点を過ぎると、雪渓上を歩く部分が多くなってきます。特に危険な箇所はありませんが、ガスがかかってくるとルートを見誤るおそれがありますし、心理的な圧迫感も強くなります。

 頂上へ向かう人たちは実に様々で、高齢者が多いのは近年の傾向としても、家族連れ・若いカップル・消防署員・自衛隊員など、あまり山で見かけない人たちがいるのも山開きの特徴でしょうか。 

山頂では、数社のテレビ取材クルーも駆けつけており、悪天候にもかかわらず数百人の人々が集まっていました。イベント後に下山しようかとも思ったのですが、天候の変化が心配なことと下山ルートがやや長いこともあり、早めに山頂を出発しました。

 下山後、塩沢温泉の露天風呂で疲れをいやしていると、突然土砂降りの雨。運にも味方された山行でした。

|

« 蒸気機関車を撮る | トップページ | IBMのサポートに電話する »

登山」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございました

塩沢温泉ルートでしたか、宿泊券をもらったのではかなり早起きしたんですね、きっと

あだたら高原のほうだと我が家の前を通る場合があるんですが二本松ICからだったんですね、たぶん

山頂のフォトに映る岩の盛り上がりがふもとで見ると乳首に見えることから地元では「乳首山(ちちくびやま)」と私も含めて呼ぶんですよ

それと、こちらのブログリンクリストに加えてもいいでしょうか?

投稿: 玉井人 | 2005年5月17日 (火) 08:16

 朝5時過ぎに家を出ました。現地に着いたのは7時前なので、登山としては普通か遅いくらいの時刻でしょう。

 行きは二本松ICで下りました。帰りは下を通って帰ったので、おそらく玉井人さんの前を通った?と思います。
玉井人山って言うくらいですから、大玉村ですよね?

 ブログリンクリスト、よろしく御願いします。

投稿: ○な | 2005年5月18日 (水) 00:35

はじめまして、しげぞう(♀)と申します。
コメントありがとうございました。
勝手にTBさせていただいちゃってスミマセン。

安達太良の山開きは数百人もいらしてたんですね!
スゴイ!!
私の行った先週日曜日も、お天気が良かったこともあって、
ゴンドラが動き出すくらいの時間から
どんどん登ってきました。
とても人気のある山なんだなあという印象をもちました。

それより、山野草のHP、すごいですね!
早速BOOKMARKさせていただきました。
最近、山で見かける植物の名前を調べるようになったのですが、
まだまだ覚えられません。。。

また遊びにこさせていただきます♪

投稿: しげぞう | 2005年6月27日 (月) 07:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安達太良山山開きに参加する:

» 安達太良山(あだたらやま) [しげぞうの山登り日記]
先週、磐梯山に登った翌日、 高村幸太郎の「智恵子抄」で有名な安達太良山に登ってきました。 この山も那須火山帯に属する火山のため、 稜線の東側と西側で全く異なる景色を楽しませてくれる個性的な山です。... [続きを読む]

受信: 2005年6月26日 (日) 23:17

« 蒸気機関車を撮る | トップページ | IBMのサポートに電話する »