« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

夕べの顔

IMG_6419  我が家では、朝顔よりも夕顔の方が大きい顔をしています。

 最近は、早起きの場合極端に早く、「普通」に早起きをしていないので、朝顔らしい朝顔を目にしていません。

 台風も太平洋に抜けたことだし、今日も数輪の花を咲かせることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「筆まめ」はVer.15でようやく完成した!?

 クレオのホームページによると、筆まめが世に出たのが1990年。ほぼ1年ごとにバージョンアップして、現在のバージョンは15。今年の秋には16が出る予定です。

 「筆まめ」は個人でも愛用し、職場でもなくてはならないソフトウェアなのですが、筆まめには、〒番号が正確に変換されないという、「住所録ソフト」にとって致命的な欠陥があったのです。

 全ての地域が該当するかどうかはわからないのですが、少なくとも私の住んでいる市では中心エリアの地名判別が正確にできず(もともとはそのエリアの住所の付け方にも問題があるのですが、それでも他のソフトウェアでは問題なく変換できています)、すでに正しく入力されているものでさえ、「番号不明」の「○○○-0000」に変換されてしまうのです。
 この問題がどのバージョンから発生していたのはわかりませんが、少なくともバージョン12の時にサポートに連絡し、それ以降のバージョンでもまったく改善されてこなかったので、初期バージョンからずっとこのままだった可能性が大きいと思います。

 もともと、筆まめは宛名印刷専用にしか使っていないので、最近では筆まめの〒番号変換はいっさい使わないようにしていたのですが、それも悔しいので再びサポートに電話してみることにしました。

 対応したサポートの女性曰く、最新バージョンの15.04が出ているので、バージョンアップしてほしいとのこと。前に連絡してから3年以上たっても改善されていないのでまったく信用していなかったのですが、なんとこのパッチを当てることでこれまでの問題がうそのように解決してしまいました。

 このバージョンでは、「自由ヶ丘」などの「ヶ」のつく地名で〒番号が正しく変換されない問題も解決しており、発売から15年でようやく筆まめは住所録ソフトとして恥ずかしくないソフトウェアとして完成を見たようです。
 「何年待ちこがれたことか」と正直な感想を述べたところ、さすがにサポートの女性も苦笑いするしかなかったようです。

 筆まめの〒番号変換で苦労している方がいれば、15.03以降で改善されているようなのでお試しあれ。

 筆まめVer.15.04アップデートプログラム(Ver.15.00,15.01,15.03→Ver.15.04)

 ちなみに14以前のバージョンはサポートを終了したので修正パッチは出ません。「秋に出る新しいバージョンを買ってくださいね」とのことでした。
 うちの研修室のPCには、41ライセンス分のバージョン14が入っているのですが、そう簡単にはバージョンアップできないし、どうしたものやら・・・・

続きを読む "「筆まめ」はVer.15でようやく完成した!?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

失速!

 疲れてます!
 自分の意図している以上にペースが上がり、オーバーヒートで失速してしまった感じです。

 もともと、夏の暑さにも冬の寒さにも強いのですが、今年は違って、体力的にではなく精神的にまいってしまってるようです。
 特に暑さにやられたというわけでもなく、この季節に「気」を吸い取られた感覚です。

 体質的には回遊魚のように常に動き回っていないと逆に疲れてしまう方なので、クールダウンせずに突っ走る方が結果的には良いのかもしれません。

 しばらくパソコンに向かうのもいやだったのですが、少し回復したみたなので、意味もないことでも少し書いてみます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

会津駒ヶ岳に行ってきた

IMG_6365 IMG_6354 IMG_6418

 2週間ぶりの山行で、会津駒ヶ岳に行ってきました。車で行く日帰り登山としては、限界に近い遠距離の山行となりました。前回は那須岳だったので、2回連続の強行軍です。

 このところ天候が不順だったのですが、今日の山行はなかなか良い天気でした(夕方から雷雨になったようですが)。稜線のお花畑はすでに花のピークは過ぎていたようでしたが、コバイケイソウ(写真左)とタテヤマリンドウ(中)が一面に咲いていました。トンボが無数に飛び交い山は少しずつ秋に近づいている感じでしたが、行動中は汗だくになる暑さでした。

 今日は滝沢登山口から中門岳往復ルートを行ったのですが、快適に歩けたおかげで1時前には下山することができました。
 偶然にも、今日は年に3度(5月12日・8月18日・9月の第1土曜日)の檜枝岐歌舞伎上演の日だったのですが、さすがに夜までいるわけにはいかず、温泉で汗を流して帰路につきました。写真(右)は、檜枝岐で見かけた蕎麦の花。あたり一面の蕎麦畑が満開でした。

 今日の山行は行動時間6時間・往復8時間(車)で、行動時間の方が短かかった割に疲れる山行でした。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

落雷事故

 昨日、千葉県の海水浴場で落雷事故がありましたが、この季節の野外では落雷に対する注意が必要であることをあらためて思い知らされました。

 そういえばその昔、谷川岳へ向かう稜線上で雷雲に飲み込まれ、生きた心地がしなかった経験があります。雷に対する読みが甘かったといえばそれまでですが、遮蔽物のまったくない稜線上を進んでいるときに天候が急変し、後はただ運にまかせて歩き続けるしかない状況でした。

 先日(7月17日)、家族連れで八溝山に登った際も雷雨にあいましたが、早めに雷雲の発生を予想できていたためことなきをえました。日輪寺まで下った時点でかなり雲行きが怪しくなってきており、このまま下山すると確実に雷雨に見舞われる状況でした。

 そのため、子どもたちを寺に残して一気に駐車場まで駆け下り、車で日輪寺まで引き返したところで土砂降りの雨。

 間一髪セーフで、その後は雹をともなう激しい雷雨となりました。

 いずれにしても、大気の状態が不安定なときは、早め早めの行動が必要なようです。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »