« 紅葉の安達太良に行ってきた | トップページ | ふくしまの遺跡 »

『なごり雪』

 平原綾香の歌う『なごり雪』を聴きました。 新旧取り混ぜたカバーアルバム"From To"の中の1曲です。

 このアルバムは評価がまったく二分しており、悪い方は徹底してこのアルバムを酷評していますが、この曲だけは間違いなくおすすめです。

 平原綾香の声は、Jupiterに代表されるように、低音のしゃがれた声が一面の特徴なのですが、その反面、高音域を中心に透明感のあるトーンも聴かせてくれます。他の曲の評価は置いておいて、この曲に関していえば、「平原綾香のためにある」と思えるほどはまっています。伊勢正三もイルカもそれぞれにこの曲の魅力を引き出していますが、それを包括した上でさらに奥行きのある世界を作り出しています。芝居がかった過剰な演出が気にならなくもありませんが、それがこの曲のイメージを膨らませてくれるからイイという人もいることでしょう。

 私自身は、この1曲だけをiTMSでダウンロードしましたが、他の曲に関しては、確かに多くの人が酷評するように、オリジナルの世界を越えるものは少ないと感じてやめました。 
 しかし、このアルバムは『なごり雪』1曲だけでも十分に聴く価値があると思っています。
 久々によい曲を聴きました。

|

« 紅葉の安達太良に行ってきた | トップページ | ふくしまの遺跡 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『なごり雪』:

« 紅葉の安達太良に行ってきた | トップページ | ふくしまの遺跡 »